今はこれが大分楽になったようで、公式のドキュメントを読めば簡単にできますが幾つか落とし穴があったので

 

  1. まず、CentOSを使うと二度と構築したくなくなるほどめんどくさいことになるからUbuntuを使うべき
  2. pgBouncerを使う予定があるならDBにはパスワードを設定しておくべき
  3. `RAILS_ENV=production bundle exec rails db:setupでコケる時は`
    RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate`を実行すると通ることがある
  4. RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompileで止まるならメモリ不足、1GBでも不足します(この場合、GCP等で一時的に高スペックなサーバーを用意してassets:precompileだけ実行してpublic以下コピーしてくるのが一番楽?)
  5. sidekiqはdefaultだけ分けておくと良い

     

けものフレンズぱびりおんWiki を作りました

これは今まで使っていたWEBサーバーはやめVPS上に置いています、ついでにますとどんちほー図書館も移動してVisualEditorも軽くしました

MediaWikiの最新版で、MobileFrontendはそのままではエラーを吐くようになってしまいました(何故Minervaを消した…)

必要なスキンを手動で入れてやる必要があるようです。

Kindleがセールやってたので買いました(約2500円)

数日前に届いたので早速脱獄しました

注意:Jailbreak(脱獄)をすると文鎮化する事もあり、保証もなくなります。損害やトラブルが発生しても当ブログで責任は一切負いかねます

(Kindleの場合滅多にしないとは思いますが)

以下Kindleは機内モードで作業してください。
また、PCが必要です。

1.ダウングレード

今のバージョンでは対策されているらしく成功しませんでした。
のでダウングレードします
必要なファイルは1GB近くあり、環境によっては一番時間がかかるとことかもしれません。
ここからダウンロードできます

KindleをPCに繋いでそのルート直下(documentフォルダではなく)にダウンロードしたファイルをコピーしてください。コピーが終わったら安全な取り外し(以下取り外しと表記します)をして、Kindleの設定からアップデートを実行してください。

時間がかかりますがダウングレードすることができます。

2.Jailbreak(脱獄)する

ダウングレードしている間にでも必要なファイルをダウンロードしてしまいます。

main-htmlviewer.tar.gz

脱獄用のファイル
上のmain-htmlviewer.tar.gzは脱獄させるために必要です。

PCにKindleを接続し、さっきと同じフォルダにmain-htmlviewer.tar.gzをコピーし、取り外してください。

Kindleで右上の検索欄に ;installHtml と入力、確定してください。

画面が点滅すれば成功で、脱獄する準備がほぼ終わりました。

下のファイルはzipなので解凍し、binファイルを取り出してください、
KindleをPCに接続し、同じフォルダにこのbinファイルもコピーし、取り出してください。

後はKindleからアップデートを実行するだけで終わりです。

プラグインの導入とかはまた今度気が向いたら書いておきます。

ここで実際に動かしていますがFlarumよりも使いやすかったです。

インストールこそDockerが必要(なくてもできるそうですがとってもめんどくさい)になるなどFlarumよりも使えるサーバーを制限されたりしますが、その後は高機能でFlarumのようにたまに動かなくなったりもないのでとても便利でした。

やり忘れていた結果データが飛んだりしたので….

1.docker-compose.ymlを編集してredisとdbの永続化

これやらないとデータ消えます

2.画像の外部保存

これもまた後から設定するとそれまでのデータは消えます。

私はGCSを利用していますが、転送料高めなのでCloudFlare通してキャッシュさせてます。

ある程度の人数いれるつもりなら設定は変更してキューは分けるべきです。

ただ、その場合、DBへの同時接続数が100を超える可能性がある場合はPostgreSQLの設定も変更しましょう。

これをやらないと溢れて再試行に入り続けることで余計に重くなってしまいます。

2017/01/03 追記
電池かえてもまたすぐに反応おかしくなりましたが、爪楊枝さしこんだら大量のホコリがでてきて直りました。

今私が使っているマウスは多分これなのですが、(既に数年使ってます)今日スクロールの調子が悪くなりました。

色々調べたところ
壊れてる
だとか
設定見ろ
だとか色々あって

壊れてる という結論にたどり着いてしまいました
(URLからも分かる通りこれは間違いでした)

このマウス本体以外もう手元になく、新しいのを買うしかないかぁという状態で困っていました。

取り敢えず蓋開けて叩いたら治らないかなーとか色々やってたのですが
ここで電池が切れているのでは?となり電池入れ替えました。

直りました。

という事でBluetoothマウスの調子が悪くなったらまず電池を変えてみましょう。

2016/12/16追記

LINE Pay使えませんでした

という事で私は使いません

AndroidPayが最近日本でも使えるようになりました。

NFCのついたスマホでしか使えませんがこれがかなり便利そうでした

楽天Edyとして使え、そのチャージにクレジットカードが使えます

クレジットカードが使えるということはLINEPayも使え、払うときは楽天Edyとして使うのでマックでも使え

AndroidPayを通せばLINEPay対応してないところでも使えるようになる、という事っぽいので使うのを今から楽しみにしてます。

私はさっき知ったのでまだ使えていませんが…

LINE payについて色々書かれてるブログ

Amazonで3500円になっていたので購入しましたが正解でした。

今はROM焼いて普通のAndroid(+root)みたいな状態にして遊んでます

スペックも悪くはないのでサクサクとまでは行かなくても普通に使えます。

年末とかにも安くなるので安くなってることがあれば買うべきタブレットだとは思います。

(Root化してROM焼くにはPCとやる気とある程度の時間が必要で必要ばファイルも全部で数GB~数十GBあるので家でゆっくりやれる人でないとできないかもしれませんが)

ただ解像度はちょっと残念ですね