Mastodonというものがあったので構築した時のメモです

ここを見ればほぼできますが、いくつか失敗したことがあったのでそれだけ書いておきます。

1.Docker-Composeのインストール
ググればできましたが、再起動必要なことに気づかず、何度もインストールしなおすことになりました。

2.SELinux
これのせいで途中から(DBのマイグレーション)エラーはかれていました。

3.メール送信ができない
設定ミスでしたが、利用したメールサーバーが国外IPアドレスからのアクセス拒否していて、そこに引っかかっていました。

Gmailの物を使うのが良いかもしれません。

4.SSL
今回はCloudFlareを通していたのでLet’s Encryptは必要ではありませんでした。
CloudFlareが専用の証明書出してくれるのでそれをサーバーに保存してNginxの設定でそれを使いました。

今回建てたインスタンス

ウェブサイトのアクセス解析に良く使われるのはGoogle Analyticsだと思いますが、PIWIKはかなり使いやすいアクセス解析です。

デザインもGoogleAnalyticsよりも綺麗で、サイト数などの制限もないのでおすすめです。(動作させるにはPHP,MySQLが利用可能なサーバーが必要なので無料だと難しいかもしれませんが…Adexdとかlv9.org等を使えば一応無料で利用可能です)

GoogleAnalyticsよりも細かいデータを取ることができるので一緒に入れておくと便利です。

使い方はこれ自体が日本語化もされているのでここに書く必要はない気もしますが、IPから住所を出すために色々やる必要があるので今度また書くかもしれません。

lv9.orgで一時的に使っていた結果
301かけられていて戻せんくなったのでその時のメモ

Chromeは301をキャッシュするらしいのでキャッシュを消したのですが、残っている
という状態でした

原因はCloudFlareでCloudFlareがリダイレクトをキャッシュしてました。

Development Modeをオンにしたら戻すことができました。

リダイレクトまでキャッシュされるのは知りませんでした…