今はこれが大分楽になったようで、公式のドキュメントを読めば簡単にできますが幾つか落とし穴があったので

 

  1. まず、CentOSを使うと二度と構築したくなくなるほどめんどくさいことになるからUbuntuを使うべき
  2. pgBouncerを使う予定があるならDBにはパスワードを設定しておくべき
  3. `RAILS_ENV=production bundle exec rails db:setupでコケる時は`
    RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate`を実行すると通ることがある
  4. RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompileで止まるならメモリ不足、1GBでも不足します(この場合、GCP等で一時的に高スペックなサーバーを用意してassets:precompileだけ実行してpublic以下コピーしてくるのが一番楽?)
  5. sidekiqはdefaultだけ分けておくと良い

     

けものフレンズぱびりおんWiki を作りました

これは今まで使っていたWEBサーバーはやめVPS上に置いています、ついでにますとどんちほー図書館も移動してVisualEditorも軽くしました

MediaWikiの最新版で、MobileFrontendはそのままではエラーを吐くようになってしまいました(何故Minervaを消した…)

必要なスキンを手動で入れてやる必要があるようです。